業種別ファクタリング — 株式会社ワイズコーポレーション
ファクタリングで売掛金を成長資金に
Scroll

業種別ファクタリング

建設業向けファクタリング

建設業向けファクタリング

東京オリンピックを控え、全国各地での建設ラッシュに沸く建設業界ですが、受注ベースの非連続的な産業構造であることもあり、他の業種に比べ資金調達が難しい業界とされています。

中小企業が経営を継続し、持続的な成長を実現するためには、工賃支払いまでの長いリードタイム、工期延長に伴う資金繰りの悪化といったリスクに備え、計画的に資金調達を行うことが必要です。

建設業の場合、完成後に建物と引き換えに工事代金を受領する「請負契約」であり、一部前金として代金を支払われるのが一般的です。そのため、下請け会社に仕事を依頼する場合は前金としてまとまった金銭が必要となります。また、工事代金の売掛債権は信頼性が高く、掛目が高く取引されやすいためファクタリングはこのような状況に最適な資金調達方法と言えます。

工期の延長期間が月をまたいでしまい、工賃の回収が1か月後ろ倒しに...。

売掛金の回収までのリードタイムが長く、キャッシュフローが悪化...。

工事完了後、発注元が倒産してしまい売掛金の回収が困難に...。

運送業向けファクタリング

運送業向けファクタリング

Amazonや楽天といったインターネットショッピングサイトの台頭に伴い、急速に取扱個数が増えている運送業界ですが、国の掲げる働き方改革と増え続ける物量の板挟みで厳しい状況が続いています。

このような状況下で生き残り、さらに成長をし続けるためには、物流拠点の拡充、ロボットを始めとした次世代型配送導入へ向けた資金の調達が不可欠です。

ワイズコーポレーションでは、物流業界に最適化されたファクタリングをご提案しております。ご興味をお持ちの方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

繁忙期の急な物量増加に対応するための増車・人材確保への費用の捻出が困難...。

車両故障や事故に伴う急な出費で資金繰りが悪化...。

燃料費・人件費の高騰に伴いキャッシュフローが悪化...。

製造業向けファクタリング

製造業向けファクタリング

2000年代の円高により、しばらく製造業にとって厳しい状況が続いていましたが、近年はアベノミクスによる円安に伴い、徐々に改善の兆しが見えつつあります。

とはいえ、IoT(モノのインターネット)の普及やAIの台頭により、これまでのビジネスモデルのまま今後事業を継続することは困難を極めており、今後新技術の導入、ビジネスモデルの転換へ向けた資金の調達が不可欠です。

ワイズコーポレーションでは、製造業界に最適化されたファクタリングをご提案しております。ご興味をお持ちの方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

売掛金の回収前に次の大型案件を受注してしまい、資金繰りが困難...。

内部留保が乏しいため、想定外の支出発生時にキャッシュフローが悪化...。

手形や小切手での支払いが多く、資金化までのリードタイムがかかる...。

人材派遣業向けファクタリング

人材派遣業向けファクタリング

昨今の人材不足は、多くの企業の成長を邪魔する足かせとなっていますが、あらゆる人材が引っ張りだこのこの状況は、人材派遣業界にとっては追い風といえます。

しかし、好況の時に活躍する人材派遣業は、ひとたび不況に陥ると真っ先に経費削減のターゲットとなってしまうため、手元に潤沢な資金を確保しておくことが大変重要と言えます。

ワイズコーポレーションでは、人材派遣業界に最適化されたファクタリングをご提案しております。ご興味をお持ちの方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

派遣スタッフへの支払いタイミングの短期化による資金繰りの悪化...。

取引先において派遣スタッフが起こしたトラブルによる突然の取引解約...。

人材不足による、コスト高での派遣スタッフ確保...。

小売・卸業向けファクタリング

小売・卸業向けファクタリング

大手小売り店の厳しい経営状況から見て取れるように、インターネットショッピングの普及により従来型の小売業はには徐々に逆風が吹き始めており、卸業においても、卸業者を通さない形での仕入れとはじめとした卸形態の多様化により従来型のビジネスモデルでは事業の継続が今後厳しくなることが予想されます。

今後事業を継続していくためには、ビジネスモデルの転換へむけた新たなアプローチ、そしてそれを実現するために資金の調達が不可欠です。

ワイズコーポレーションでは、小売り・卸業界に最適化されたファクタリングをご提案しております。ご興味をお持ちの方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

取引先とのやり取りが手形から現金に切り替えられ、キャッシュフローが悪化...。

大手企業との取引のチャンスがあるのに、仕入れ資金不足で対応できない...。

取引先が突然倒産し、売掛金の回収が困難に...。

歯科医業向けファクタリング

歯科医業向けファクタリング

日本全国の歯科医院の数はおよそ65,000件と、コンビニの50,000件よりも15,000件も多く、人口の減少が続く日本においては供給過多の状況にあるといえます。

開業には高額な治療機器の導入や広告宣伝費等で多額の初期投資が必要となるため、開業後に新たな融資を受けることが難しい歯科医業では、安定した資金の調達プロセスを確立しておくことが重要です。

ワイズコーポレーションでは、歯科医業界に最適化されたファクタリングをご提案しております。ご興味をお持ちの方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

想定より客足が伸びず従業員への報酬を支払うことが困難...。

レセプト請求から入金までのリードタイムが長く、キャッシュフローが悪化...。

患者数にバラつきがあり資金繰りが安定しない...。

介護事業向けファクタリング

介護事業向けファクタリング

日本における65歳以上の高齢者の割合は全人口の25%を超えて超高齢者社会へ突入する中、介護事業は今後社会に求められる将来性のある事業であるといえます。

しかし、国民健康保険団体から支払われる介護報酬は、事業者のサービス提供から報酬の回収までのリードタイムが45日間と長く、安定した事業の運営には十分なキャッシュが求められます。

ワイズコーポレーションでは、介護業界に最適化されたファクタリングをご提案しております。ご興味をお持ちの方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

サービス提供から入金までのリードタイムが長く、資金繰りが悪化...。

ニーズに応じて新規に事業所をオープンしたいが手元資金が不足...。

銀行から事業拡大への再融資が受けられない...。