事業運営リスクを最小限に抑える!即日ファクタリングの新たな使い方とは

事業運営リスクを最小限に抑える!即日ファクタリングの新たな使い方とは

【記事更新 】

2020/06/02

会社を運営している以上、全くのリスクフリーな事業運営はもはや夢のまた夢といったところではないでしょうか。会社を経営しているということは、人と人との付き合いがあるということです。社内にも社外にも、人が介在するわけですから、行き違いやトラブルは発生するリスクがあります。

そこを考えると、事業リスクをゼロにするという考え方が今の時代にそぐわないと言えるのではないでしょうか。それならばむしろ、事業運営リスクは最小限に抑えるといった考え方の方が良いでしょう。そして事業運営リスクを最小限に抑えてストレスフリーな事業運営をするのであれば、やはり資金繰りは盤石である必要があります。

そこで利用したいのが即日ファクタリングです。ファクタリングは元々急場しのぎ的な意味での使い方がメインでしたが、事業運営リスクを最小限に抑えるための「懐刀」、又は資金繰りを盤石化させるための新たなツールとして使われ始めています。

ここでは、即日ファクタリングを利用することによって事業運営リスクを最小限に抑える方法についてご紹介していきます。

元社員からの突然の残業代請求!その時社長はどうすべき?

会社を長く経営していると、社員が退職するというケースは決して珍しいものではありません。そして、残念なことに元社員から様々な理由をつけて会社に対して請求がなされるというケースも決して珍しいケースではなくなってきました。その中でも特に法的根拠があり、会社側に支払いの義務が生じやすいのが残業代です。未払い残業代請求は会社を辞めた後でも時効成立までの間請求権利が社員にはあります。そのため、ある日突然過去の未払い残業代について請求がくるケースは決して珍しいものではないわけです。

そういった部分を考えると、突然の残業代請求に応じることができるだけの資金プールは常日頃から持っておかなければなりません。また、元社員1名からの残業代請求とは限りません。退職した社員同士が結託し、複数人で会社に対し未払い残業代を請求してくるケースもあるでしょう。

特に、代理人などが付いている案件の場合、そのまま法廷闘争になるケースもあります。あるいは、様々なところからの調査が入るケースもあります。この場合、一度に残業代を支払うことができないケースも往々にしてありますが、出来る限り迅速に支払いを済ませた方が良いことは言うまでもありません。

残業代請求に対し対応するために金策に走る経営者も数多くいます、この場合、金融機関からの融資もなかなか受けづらいケースがあります。また、融資が確定して資金が銀行口座に

まく回らなくなるケースも考えられます。そういった事情を考えれば、こういった突然の残業代請求については即座にファクタリングで資金繰りを行って解消しておいた方が良いでしょう。

ちなみに、業績が悪化している企業の場合そもそも残業代請求に対応するための金策が難しく、金融機関からの新しい融資など望むべくもないというケースもあるでしょう。こういったケースでも、ファクタリングでは早ければその日のうちに資金繰りが完了して問題が全て雲散霧消するケースもあります。

金融機関の融資とは全く別物の、いわばファクタリングは売買契約となるわけですから、融資が降りるかどうかで日数がかかると言ったことも一切ありません。売掛債権さえきちんとしたものであれば、即日での現金化も十分に可能です。それでいて、ビジネスローンなどでは上限額が設定されることもありますが、ファクタリングの場合は売掛債権の金額に応じて数千万単位の金額も即座に用意することができます。

この使い勝手の良さが、残業代請求を受けた経営者を救うのです。

社会保険料の督促・調査にも応じられる即日ファクタリングの使い方

経営している企業で社員を雇用している場合、ほとんどの場合は社会保険へ加入するのが強制となっています。そのため、社員の社会保険料の納付は経営者の義務となります。とはいうものの、事情によってコンスタントな社会保険料の納付が難しいというケースも近年増加傾向にあります。

場合によっては、数年単位で社会保険料の納付がなされず社会保険料の納付に関して極めて強烈な督促を受けたり、あるいは取り調べ調書を取られるというケースもあるでしょう。こういった場合、事業の運営に支障をきたす極めて強くなります。また、会社のオフィスまで社会保険の督促や調査が入った場合、従業員の精神的な動揺もリスクとなりえます。

会社が支払わなければならない費用のうちで最も取り立て・督促が熾烈なものの一つが社会保険料です。

また、極めて額面としては高額になる傾向があり、一度に納付ができないというケースもあるでしょう。こういった状況下において、経営者が取るべき行動は、ファクタリングによる即座の資金調達と社会保険料納付です。

もちろん、様々な方法で社会保険料の支払いを猶予してもらう方法もありますが、やはり債務は解消しておくに限ります。社員の為にも、即日ファクタリングによって資金繰りを盤石化し、その上で社会保険料を納付しておくというのも一つの企業成長戦略といえるのではないでしょうか。

社員の突然の失踪・退職の穴埋めに即日ファクタリングを使う方法とは

最近は終身雇用という考え方も薄らいできており、従業員の会社に対する考え方や意識も変わりつつあります。また、社員が突然退職したり突然失踪したことで事業が回らなくなるというケースも決して珍しいものではなくなってきました。昔から会社を経営されている方はそんなのは「絵空事」とおっしゃる事でしょう。しかし、現実に近年の若い人たちは突然退職をしたり、もしくは突然出社を拒否するようになり、その後退職代行業者から退職の申し入れが入るというケースが現実に起こり始めています。

インターネットなどでも退職を申し出にくい人のために退職の手続きを代行するという業者が発生しており、これにより、突然会社としては戦力を失うというケースも増えてきています。

このような際に、事業を運営し続けるためには新たな人員をすぐにでも確保しなければならないというケースもあるでしょう。幸いなことに最近ではなどを利用することにより、ある程度即戦力で稼働できる人員を確保できるケースもあります。ただし、フリーランスや個人事業主を業務委託として採用する場合には、ある程度の前払金が必要なケースもあるでしょう。

特にクラウドソーシングなどのサービスでは仮受金・エスクローとして最初に費用を仮払いする必要があるケースもあります。

そういった場合には、即日ファクタリングで資金調達を行うのがおすすめです。資金調達さえ行っておけば、前払いで事業を速やかに軌道修正することも可能となります。

【今回のまとめ】
事業運営リスクはゼロではなく最小限に!即日ファクタリングでリスクを減らそう

事業運営リスクはこの多様化の時代、ゼロにすることはほぼ不可能と言わざるを得ません。それならば、資金繰りや資金状態の盤石化を即日ファクタリングによって実現し、事業運営において生じるリスクをできる限り最小限に食い止めるという選択肢が最も有効な手段と言えるでしょう。出来る限り事業運営リスクを減らし、それでいてストレスフリーな事業運営を実現するのであれば、即日ファクタリングは極めて有効です。
弊社は事業者様と共に
ファクタリングサービスを通じて
社会へ繋がっていきます。