即日ファクタリングが新規事業を極めて円滑にする理由

即日ファクタリングが新規事業を極めて円滑にする理由

【記事更新 】

2020/05/21

会社を経営されていると、日々様々なビジネスアイディアやビジネスの種が転がり込んでくるということもあるのではないでしょうか。そういった時、現在の仕事と「畑違い」の場合には経営している会社のメイン事業としてではなく、新たな事業部として仕事を立ち上げるというケースがほとんどです。そして新規事業に乗り出す際には、多くの場合イニシャルコストが必要となりま。このイニシャルコストをどこから拠出するか。これが決まると決まらないとでは、新規事業の行方は大きく変わってくることとなります。そして、昨今話題の即日ファクタリングは新規事業を極めて円滑に進められると大変評判です。ここでは新規事業をお考えの経営者の方に向けて、ファクタリングが新規事業を円滑にしてくれる理由について解説していきます。

新規事業の資金繰り方法は?

新規事業の資金繰り方法はいくつかありますが、もっとも確実でスピーディなのが自社からのプールを拠出する方法です。新規事業に充てられる資金力があれば、ここから資金を出すことによ、早ければその日のうちにでも新規事業をスタートすることができるでしょう。

ただし、新規事業のタイミングやチャンスはいつ巡ってくるか分かりません。場合によっては「ガチガチに硬い鉄板レース」の様に確実性が高くより会社が飛躍していくためのチャンスが到来したという段階で、手持ち資金がなかなか難しいというケースもあるでしょう。

そういったとき、自社のプールを使うのは難しいものがあります。もちろん、自社の運転資金からある程度の資金を拠出することも不可能ではありません。しかしその場合、会社にとってもダメージやリスクのあることですし、何よりも経営者の方のメンタル的に賭けに出ているような気持ちになりますので、事業の精度がぶれてしまう可能性もあるでしょう。また、無理やり資金を自社の運転資金から拠出している場合は資金が潤沢でないケースもあることから、ビジネスの進め方に何らかの支障が出てくるケースもあります。具体的には、外注スタッフを雇っておけば綺麗に回るところを、外注費用削減するために手弁当で作業をしたり、そういったところからリソースが狂ってくる可能性は十分に考えられます。

そこで、考えておきたいのが新規事業向けに金融機関から融資を下ろしたりビジネスローンを契約するという方法です。ザ・次点といえます。しかし、こちらも新規ビジネスの場合は事業計画書の提出が求められたり、本業の運転資金として融資を受けることはできるものの、新規事業向けには貸付が受けられないというケースもあるでしょう。

無理やりこういった融資を「用途を偽って」利用すれば重大な契約違反になりますので、これもあまりお勧めできる方法ではありません。

何よりも、ビジネスローンやお金を借りるという作業自体に経営者の方のリソースは大きく割かれることになりますし、事と次第によっては審査にそもそも通らない可能性もあるでしょう。

その他、会社の帳簿的に借入が増えてしまうというデメリットも存在します。そしてさまざまなデメリットがありますが、極めつけとして、こういった融資は実行までに極めて多くの時間がかかるというポイントが立ちはだかります。

「チャンスの女神は後ろ髪がない」とはよく言ったもので、新規ビジネスのチャンスは、その瞬間にすぐ動かなければチャンスを逃してしまうということも決して珍しくはありません。

少なくとも、半年後に同じチャンスが転がっているかといえば決してそうではないでしょう。場合によっては、72時間以内に現金をかき集められるだけ集めなければならないといったチャンスが巡ってくることも往々にしてあるわけです。

こういった部分を考えると、どうしても時間的なメリットがあり、さらに経営者の精神的・物理的なリソースをさほど必要としない「新たな資金調達方法」を検討していく必要があります。

時間的メリットはファクタリングに軍配

そこでオススメしたいのが、ファクタリングによる資金調達です。もしくは、即日ファクタリングによってその日のうちに現金を手元に得るという方法もおすすめです。

ファクタリングは全く新しい資金調達方法ではありますが、日本には古くから手形割引という方法がありましたし、海外ではファクタリングは極めて普遍的かつ一般的な資金調達方法として慣れ親しまれてきました。現在では国の方でも、ファクタリングによる資金調達を推し進めるような動きもあるなど、ここ数年の間に急速にファクタリングは市民権を得るようになってきました。

ファクタリングは、お金を借りるといった行動では一切ありません。むしろ、対等なビジネス取引・商取引と言った方が良いでしょう。経営者の方なら、ほとんどの方が持っている法人向けの請求書・請求債権。場合によっては発行・受領済みの領収書と言い換えることもできますが、とにかく、入金待ち状態の請求済みの金銭はすべて当社が持っている債権となります。
つまり御社は相手先企業に対して債券を保有する「債権者」であると言えます。この債権、もちろん売却することができます。いわゆる債権譲渡というスキームです。

ファクタリングでは、ファクタリングを受け付ける会社がこの請求債権を買い取り、手数料を割り引いて現金を契約後すぐさま申し込み企業側に渡すというスキームが取られています。

お金を借りる審査ではありませんので、申し込みをした会社の財務状況がどうなっていようと、税金の滞納があるなどの問題がある場合でも、そして会社の借入や経営者情報に問題があるなどの場合でも、それら一つ一つの理由が原因となって審査に落ちるということはありません。また、個人信用情報の調査も行われません。

そして裏を返せばこういった部分での審査がありませんので、ファクタリングは極めてスピーディーに現金を都合することが出来るわけです。

事実、ビジネスローンや、いかに審査回答が早い金融業者でも、ファクタリングと同水準ですぐに金銭を都合できるケースはそれほど多くはありません。

状況によって唯一の資金調達法となるケースも

また、状況によってファクタリングは中小企業にとって唯一の資金調達方法となるケースもあります。例えば中小企業の新規事業の場合、経営状態によっては他社からの融資が受けられないというケースも往々にして考えられます。

その他、経営者本人の信用状況などによって、新規事業のチャンスや将来性は明確であるものの金融機関の審査を通過することができないというケースも存在します。

そういった場合は結局のところ、ファクタリングによる即日資金調達が唯一にして最良の方法になるというケースもあるわけです。

【今回のまとめ】
資金調達を制するものは新たなチャンスも制す!即日ファクタリングで全速力のビジネス運営を

新規事業において最も重要なのは資金調達です。新規事業に充てられるだけの十分な資金力があれば、それだけチャンスをものにできる確率はアップしていくと言って間違いないでしょう。つまり、新規事業において資金調達を制する者は新たなチャンスも制するというわけです。

即日ファクタリングは、この要望に応えるだけの十分なポテンシャルがあります。また、場合によっては中小企業経営者の唯一の「希望の光」となることもあるでしょう。今後ますます事業を拡大させたい経営者の方も、あるいは経営状態が芳しくなく、一筋の光にすがりつくように新規ビジネスを目指している経営者の方も、即日ファクタリングで全速力のビジネス運営を心がけたいところです。
弊社は事業者様と共に
ファクタリングサービスを通じて
社会へ繋がっていきます。