即日ファクタリングの使いやすさ

即日ファクタリングの使いやすさ

【記事更新 】

2019/10/29

スピーディーに資金調達をすることができることで知られるファクタリングという資金調達の方法ですが、そんなファクタリングの中でも最近は即日ファクタリングというキーワードが人気を集めるようになりました。ここでは即日ファクタリングというシステムについてご紹介するとともに、その使いやすさについてもわかりやすく具体的にご紹介していきます。

ファクタリングは金融機関融資と比べて早い?遅い?

結論から申し上げればファクタリングは金融機関の融資と比較にならないほどスピーディーです。

ファクタリングは、金融機関の融資と比べてもスピーディーに手続きが可能であり、金融機関の融資に比べても手早く現金化することができると有名です。

例えば、金融機関の融資と一口に言っても様々な所用日数パターンが考えられます。まず、メガバンクや中小金融機関などの融資について考えてみましょう。こちらの場合はまず申し込みから審査が開始されるまでに最大で1週間から2週間程度の時間がかかります。

そこから申し込み書類を揃えて仮審査を行い、仮審査に通過した段階で続いて本審査が行われるようなケースもゼロではありません。

本審査にかかる時間はそこからおよそ2週間程度、本審査に通過したら最後に契約を行い、融資の実行を待つのみとなります。この場合金額にもよりますが早くて3週間から4週間程度の時間がかかります。

これに対するファクタリングですが、早ければ数日程度で口座に入金されてくるケースも多いなど、その圧倒的なスピード感が近年人気の秘訣となっています。

同様にスピードを重視した資金調達の方法としてノンバンクや消費者金融などによるビジネスローンがあります。しかしこちらも即日融資が可能という宣伝もある一方、即日融資が実際に可能なケースとしては極めて経営状態が良好であるなど一部のケースに限られることはあまり知られていません。

審査部の方で経営状態に疑問を持ったり、その他追加調査や慎重審査が必要になると判断した場合は、即日審査及び即日融資が不可能になるケースも当然存在します。

こちらは申し込み前の重要説明事項の中にもきちんと明記されていることですが、これを知らずに即日で融資が受けられるとノンバンク系の即日ビジネスローンなどに申し込まれる方も多いのです。

ファクタリングの実行スピードは?

ファクタリングの実行スピードは極めて速く、多くの場合は申し込みをした日の翌日もしくはその週のうちにファクタリングをした資金が現金化されるようなイメージです。

もちろん土日祝日など、金融機関の休業日にはこの限りではないものの、多くの場合は申し込みをしたその日のうちに審査の結果が手に入り、そこから数日以内にファクタリングの実行がなされます。

また、二者間ファクタリングを使えば、相手方の了承を得る工程や書類関係の手続きが一部簡略化されるという部分もあり、これよりもさらに素早くスピーディーなファクタリング実行が可能になるケースも存在します。

即日ファクタリングとは?

ここで話題にしておきたいのが即日ファクタリングというキーワードです。即日ファクタリングはここまでご紹介した通り、金融機関の融資や借入、さらにビジネスローンなどのカードローンよりも素早く迅速に現金化することができる方法です。従来、一般的なファクタリング手続きの場合はどうしても申し込みから審査を行い、そして買取契約を締結して入金するというステップで数日程度の時間がかかりました。

この手続きをスピード化し、また簡略化することで素早い入金実行を実現したのが即日ファクタリングです。即日ファクタリングを利用することにより、申し込みをしたその日のうちに早ければ現金を手にすることができるというわけです。

例えば、とある月曜日の朝8時45分の段階で資金繰りに問題があると判明した経営者の方がいらっしゃったとしましょう。

会社が始業してから15分、午前9時15分頃までに売掛債権などを取りまとめ、9時30分頃にファクタリング会社へWebもしくはメールなどで連絡を入れたとしましょう。

早ければ1時間半から2時間程度で買取可否の連絡がファクタリング会社から経営者の方へコールバックされることとなります。この段階でおそらく午前11時半頃でしょうか。

この条件を応諾できるようであれば、正午頃までにはファクタリングの契約手続きが完了するといってよいでしょう。

後は入金及び着金確認までのタイムラグを2時間と見積もっても、午後2時までには、本当にはなかったはずのお金が口座に入金され、場合によっては経営者の方がATMから現金を引き出して会社に戻ってくるということも可能でしょう。そこから様々な支払いなどがあったとしても、夕方4時頃までには資金繰りの問題を解決し、晴れ晴れとした1日を終えることができるのではないでしょうか。

即日ファクタリングのメリット

即日ファクタリングのメリットには様々なものがありますが、やはり一番大きなメリットとしてはそのスピードではないでしょうか。

スピードが速いということはそれだけ問題が解決するまでのスピードも速く、それによって経営者の方のストレスが軽減される可能性が高くなります。

また支払いに困っている場合、ファクタリングで早期に現金化を実現することによって相手先に迷惑をかけなければならない日数が圧倒的に短縮される側面もあることから、さらなるビジネスの発展につなげることも不可能ではないでしょう。

それどころか、相手への入金期日当日にファクタリングで資金化をすることにより、遅れそのものが発生しない可能性もあります。

いずれにしても、金融機関からの融資などを待っていると融資の審査や実行を気を揉みながら待ち続けなければならず、即日ファクタリングに比べるとストレスのかかり方も大きなものになることが予想されます。

即日ファクタリングのデメリットはあるの?

即日ファクタリングには、特段のデメリットは存在しないといってよいでしょう。あるとすれば、金融機関からの融資ではないため、売掛債権の範囲内でしか現金化をすることができないといったポイントでしょうか。

多くの場合は、請求書1枚につき一つの契約となりますので、相手先からの入金が50万円であれば、50万円までのファクタリング申し込みとなります。この場合は手数料が差し引かれ、~45万円程度の金額がファクタリングで入金されてくることになります。手数料については案件ごと・また会社ごとにも異なりますので、こちらは都度確認しておくようにしましょう。

即日ファクタリングが可能なファクタリング会社は?

ファクタリング会社の中には、ファクタリングお手続きに数日を要するとあらかじめ明記している会社もあれば即日ファクタリングを最大のアピールポイントとして営業している企業もあります。即日ファクタリングを希望する場合は即日ファクタリングに対応していると明記している会社もしくは、ウェブサイトがしっかりしており、電話相談窓口やメールによる相談窓口が完備されているところに即日ファクタリングは可能かどうか問い合わせを入れてみると良いでしょう。

【今回のまとめ】
即日ファクタリングの使いやすさ

即日ファクタリングは、通常のファクタリングに比べてもスピーディーに手続きが進み、早ければその日のうちにファクタリングの契約をまとめ、当日中に現金を手に入れることができる方法です。即日融資のカードローンよりも素早くスピーディーに現金化できることから、非常に近年注目されている方法でもあります。
弊社は事業者様と共に
ファクタリングサービスを通じて
社会へ繋がっていきます。