悪質ファクタリング業者に注意!悪質ファクタリング会社の特徴とは?

悪質ファクタリング業者に注意!悪質ファクタリング会社の特徴とは?

【記事更新 】

2019/12/23

近年人気のファクタリングですが、悪質ファクタリング業者も残念ながら発生しています。ここでは注意喚起の目的で、悪質なファクタリング会社の特徴や、詐欺的なファクタリング会社の見分け方についてご紹介していきます。

そもそもファクタリングとは?

そもそもファクタリングとは、頭を下げて金融機関からお金を借りる方法ではない、全く新しい資金調達の方法です。

世界的に昔から存在する方法ですが、日本国内では手形割引という資金調達の方法があったため、そこまで認知度が上がらないという課題がありました。近年は国関係の省庁などでもよる資金調達におおむね好意的な反応を示しており、資金繰りに困る経営者の方を救うべく、多くの経営コンサルタントなどがその導入を推奨しています。

ファクタリングは、売掛債権を売却することにより、通常の支払いサイクル・支払いサイトよりも早く現金化をすることができる方法です。

売買契約ですので、借り入れなどにも該当せず、またファクタリング会社も貸金業の認可などが必要ありません。そのため多くの会社がファクタリング事業に参入している状況があり、選択肢が非常に幅広いことからより良い条件でファクタリング会社を選ぶことができるような状態となっています。

悪質ファクタリング業者が急増中

多くのファクタリング会社やファクタリング業者は、いわゆる良心的な経営を行っており、中には経営コンサルティングの知見のあるファクタリング業者もありますので、安心して経営者はファクタリングの申し込みをすることができます。しかし、非常に残念なことに近年は悪質なファクタリング業者が急増しており、多くの悩める経営者を苦しめる存在になりつつあります。

どの業界においても悪質業者が発生するのはある程度致し方のないことでもありますが、金銭に直接影響する事柄ですので、悪質業者とは取引をしないようにしなければなりません。

多くのファクタリング業者やファクタリング業者を紹介している業者でも悪質なファクタリング業者への注意喚起を行なっていますが、ファクタリングという資金調達そのものをご存知でない、そんな経営者の方も多くこういった悪質ファクタリング業者に騙されてしまうケースが残念ながら後をたちません。

悪質ファクタリング業者に引っかかるとどうなる?

それでは、悪質なファクタリング業者に引っかかってしまうとどうなるのでしょうか?これは非常に答えがシンプルであり残酷なものでもあります。

まず一番に考えられるのは、ファクタリングの手続きが通常通りに完了しないといったケースです。

例えば、うちでは審査を通すことはできなかったが、他の業者なら審査を通せるかもしれない・もしくは、うちでは審査を通してあげられないが、紹介料を頂ければ、業界のつながりで他の業者に口添えをしてやろう、などと言って紹介料だけを抜き取られるなどの事例です。

紹介を受けたところで全く無関係な業者だったというケースが非常に多く、この場合はファクタリングで売掛債権を売却することができず、お金だけを取られてしまうケースもあるでしょう。

その他、ファクタリングの契約自体は完了したものの何かと理由をつけて本来の支払い期日の前に売掛債権の入金を促してきたり、契約の際には説明のなかった諸費用と称して金銭を脅し取ろうとするなど、悪質な手口も横行しています。

ファクタリングは、大原則として売掛債権の売買契約です。そのため事前に説明がない限りは、諸費用が後からかかるといったケースはほとんどありません。

悪質ファクタリング業者の特徴

悪質なファクタリング業者の特徴についてご紹介していきます。もちろんこの全てが悪質ファクタリング業者であるというわけではありませんが、ある程度の目安とすることができますので確認していきましょう。

会社名が頻繁に変わる

会社名が頻繁に変わるファクタリング業者が存在します。こういった業者は、一つの会社名で長らく運営していると悪評が立ってしまうことから会社名を頻繁に変えていると言った可能性もあり、このような業者に申し込みをすると、先ほどご紹介したような悪質なケースに遭遇してしまったり、その他思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もありますので注意しなければなりません。

会社の住所がデタラメ

こちらの方が近年増加しているパターンですが、会社の住所がそもそもでたらめで、現地に訪れてもオフィスらしいものが存在しなかった、というケースがあります。これは言うまでもなく、ファクタリング業者に営業実態が無い・もしくは極めて営業実態に疑問の残る会社と言わざるを得ません。

もちろん、最近立ち上がったばかりの心ある新進気鋭ファクタリング業者の場合は、レンタルオフィス・バーチャルオフィスが会社の住所として設定されているケースもあります。

そのため一概に会社の住所だけで判断をすることはできませんが、少なくとも、会社の住所として公開されていた場所を調べてみた際に住所がそもそも存在しなかったり、指定された住所に全く無関係な建物が建っているなど、そういった場合には要注意と言わざるを得ません。

貸金業番号が掲載されているケースは特に注意

特にご注意いただきたいのが、ファクタリング業者の「ホームページ」です。一般的にファクタリング業者は近年はインターネットで集客を行うことが多く、これにより全国各地からファクタリング業者に申し込みをすることが出来るわけですが、悪質なファクタリング業者はそもそもホームページに虚偽の情報を記載しているケースが多く見られます。

特に信頼性を増強させようとして貸金業番号などを掲載しているケースがあります。しかし、ファクタリングはここまでご説明している通り、いわゆるお金の貸し借りは一切関係のない取引となります。

そのため、貸金業としての番号が掲載されている場合はそれが本物であれ偽物の番号であれ、お金の貸し借りといった形の取引になってしまうケースがあります。

また貸金業の番号に疑問が残る場合はいわゆる闇金業者がファクタリング業者の皮をかぶって暗躍しているといったケースも考えられます。

いずれにしても、貸金業の番号がファクタリング会社のホームページに掲載されているというのは不自然と言わざるを得ません。ファクタリングの取引において貸金業の番号は一切必要ないからです。

このようなケースでは、出来る限り慎重に情報の確認を行うようにしてください。ファクタリング契約だと思って申し込みをしたは良いものの、実は非常に高い(あるいは法外な)利息でのお金の貸し借りに関する契約だった、といった被害報告も相次いでいるため、こちらは十分にご注意いただきたいところです。

【今回のまとめ】
悪質なファクタリング会社の特徴や、詐欺的なファクタリング会社の見分け方は?

ファクタリング業者は近年急速にその数が増えており、これにより、様々な選択肢をファクタリング申込者側は持つことになりました。しかしその反面、今回ご紹介したような悪質なファクタリング業者が増えてきていることもまた事実です。

悪質なファクタリング業者には十分ご注意いただくとともに、安心できる・そして信頼のおけるファクタリング業者にお申込みになることを強くお勧め致します。安心できるファクタリング業者を見つけ、申し込むことさえできれば、御社の資金繰り改善プロジェクトはもう、8合目まで来たといってよいでしょう。もちろん、ファクタリング業者を紹介しているサイトやサービスについても同様にホームページがしっかりしていたり、連絡体制がきちんと構築されているところを選ぶと良いでしょう。

また、厳選したファクタリング業者のみを紹介している紹介サイトを利用するのも防衛策の一つです。
弊社は事業者様と共に
ファクタリングサービスを通じて
社会へ繋がっていきます。