支払い問題で経営者のストレスは増大する!即日ファクタリングでストレスフリーな事業経営をする方法

支払い問題で経営者のストレスは増大する!即日ファクタリングでストレスフリーな事業経営をする方法

【記事更新 】

2020/05/26

経営者は常日頃から様々なストレスにさらされます。人を動かし、お金を動かすわけですから、これは当たり前のことでもあります。

しかし人間誰しもストレスがかからない方が良いに越したことはないでしょう。そして、会社経営上の最も大きなストレスは何か?と考えたとき、多くの場合は支払い問題がその筆頭になるのではないでしょうか。

経営者は、とにかくフラットな気持ちで事業運営に邁進しなければならないところ、場合によっては支払い問題や資金繰りの関係で絶えずストレスがかかってきます。

これにより、会社運営もままならないというケースもあるのではないでしょうか。こういったところで経営者がつまずいてしまうと、会社運営のバランスも大きく崩れていくことになります。

この記事では、そういった経営者のお悩みを抜本的に解決するためのアプローチを探り、そしてご紹介していきます。

支払い問題は経営者の悩みの種

支払いに関する問題は、すぐさま解決することが難しいケースもあるため、経営者に重くのしかかることの多い問題です。しかも、それを社内で分かち合うことができる人材がいないケースの方が多いのではないでしょうか。

そればかりか、支払いに関する問題はしばしば経営者の体力をガリガリと削っていきます。なぜなら支払いができないということは、相手方との連絡や調整が必要になることもあります。場合によっては、強制執行や裁判沙汰になってしまうケースも考えられます。もっと言ってしまえば、自社の従業員に給料を支払うことができるかどうかギリギリだという経営者のストレスは、想像を絶するものがあります。

にもかかわらず、この問題に対する答えや解決策の類は、一つしかありません。本質的に、支払いを完了させることしかないのです。つまり、どこかから資金調達をしてこない限りこの問題は永遠に続くと言っても決して過言ではないでしょう。

相手方に支払いを待ってもらう方法は利用可能?

支払いができないのであれば、相手方に支払いを待ってもらうというのも一つの解決法になるでしょう。
しかし、相手もビジネスをしているケースがほとんどでしょうし、自社の従業員に至っては、一回でも給料が入らないことで生活が立ち行かなくなってしまう可能性のほうが大きいと言えるでしょう。

そういった相手方に対して支払いを待ってもらうためには相当な交渉力、また相当な謝罪やアクションなど、経営者が負担しなければならないリソースは膨大なものとなります。

また、苦情処理なども行わなくてはならないでしょう。このようなことを毎度行っていると、先に経営者の体力が尽き果ててしまい、会社運営どころではなくなってしまいます。

こういった交渉を毎回繰り返していると、取引先から愛想を尽かされたり従業員が会社を出て行ったり、事業体そのものがうまく回らないような状態に陥ってしまうことも十分に考えられます。そういった部分を考えると、相手方に支払いを持ってもらう方法は利用可能ではあるものの、大きな代償を伴うものだと言わざるを得ません。

そして、何度も使っているといつか全くその方法が通用しない時期がやってくると言えるでしょう。

なお、裁判沙汰になった場合や、税金の滞納、その他公的機関へ納めるべき金銭が収められていない場合などは、支払いが遅れたことにより交渉の余地がなくなります。

最終的に強制執行などが行われる可能性もあります。ここまで「こと」がこじれてしまうと、会社として立て直しがきくかどうかは極めて難しい水域に入ってきます。こういった状態になる前に、何らかの対策を行っていく必要があります。

とはいうものの、どうしても資金繰りの部分は解決することが難しいケースもあります。また、資金繰りが厳しい状態であるということは会社の経営がうまくいっていない可能性の方が高く「うまくいっていない企業」に対して貸付を行うような金融機関は、残念ながらそこまで多くは存在しないでしょう。

長年の取引や付き合いがあり、さらに差し入れるだけの価値のある担保がある場合は話が別ですが、そうでない場合は金融機関からの融資に頼らない、新たな方法による資金調達の道を探して行った方がよりスムーズと言えるでしょう。

ストレスのない経営体質になる方法

ストレスフリーな経営体質になる方法と言えば、どのような方法があるでしょうか。答えはひとつです。それは資金繰りを安定化させることに他ならないでしょう。

資金繰りが安定していれば、社長や経営者の方のリソースもある程度空きが出ることが考えられます。そうすれば、その他の問題については、経営者が直々に解決に手腕を振るうこともできるでしょう。まず何事も、キャッシュフローの健全化が何よりも重要であり、急務となります。

それでは、銀行や金融機関からの融資以外の方法でストレスの無い経営体質になる方法にはどのようなものがあるでしょうか?コストカットなど様々考えることもありますが、最も手っ取り早いのは、ひとまず会社の財産である債権を現金化し、手元に現金を集めることではないでしょうか。

そのようなことが可能なのか?と思われる経営者の方も多いでしょう。無理もありません。少し前までは、こういった方法は一般的ではなかったからです。しかし、ここ数年ファクタリングという手法によって、売掛債権を即時に売却して現金化することのできるスキームが一般的になりつつあります。

即日ファクタリングによる資金繰り解決のメリット

ファクタリングは、資金繰り解決に極めて役立ちます。なぜならそのスピード感は即日も狙えるだけのポテンシャルがあるからです。少なくとも当社では条件が全て揃えば、即日ファクタリングへのご対応も十分可能です。

即日ファクタリングは、早ければ午前中の申し込みでその日の午後には現金を申込者の口座に送金することも可能です。

一般的な消費者金融や経営者向けのビジネスローンでは、朝申し込んで夜には振り込みや貸付実行!というケースもありますが、その金額はさほど大きなものにはなりません。せいぜい、数十万円単位が限界といったところでしょうか。

しかしファクタリングの場合は売買契約ですので、審査というスキームがそもそも必要ありません。そのため、数百万円程度までであれば十分に即日ファクタリングで現金を振り込んでもらうという使い方も可能なわけです。

これにより、一度にある程度まとまった金額を経営者の方は手に入れることが可能です。しかも、そのファクタリングによって得られた金銭の使途用途は「不問」となります。場合によっては用途が制限される事業貸付などもありますが、ファクタリングはこういった制約がないのもまた魅力のひとつです。

いずれにしても手元で使える現金が増えるということはそれだけ危機を脱出しやすくなるというわけです。数ヶ月先の資金をただ指をくわえて待っているだけでは、会社が持たないというケースもあるでしょう。それくらいなら、今すぐにでも、ファクタリングで売掛債権を売却することにより、手元に資金を置いておきましょう。

【今回のまとめ】
経営者のストレスはファクタリングで即決解決!即日ファクタリングでストレスフリーな経営環境を

経営者のストレスの最たるものといえば資金繰りです。このストレスを解消するには、結局支払いを完了させること以外に道はありません。それならば、即日ファクタリングによって売掛債権を売却して誰に頭を下げることもなく、誰に気兼ねすることもなくてストレスフリーな経営環境を取り戻しましょう。
弊社は事業者様と共に
ファクタリングサービスを通じて
社会へ繋がっていきます。