業務の人手不足はファクタリングで解消するのがおすすめ?柔軟なファクタリング利用法とは

業務の人手不足はファクタリングで解消するのがおすすめ?柔軟なファクタリング利用法とは

【記事更新 】

2020/06/30

2020年、春から夏にかけて全世界の経済状態が大きく変動しました。日本も例外ではありません。日本は特に、今までオフライン産業全盛だった業界も猛然とした勢いでオンライン化が進んでいるケースも出てきました。そこで懸念されるのが、特定の業界の人員不足です。
影響を受けないと思われていた業種でも、突発的に人員不足に陥るケースが頻発しています。業務の人手不足は、ファクタリングで解消することができます。ここでは、経営を守るだけではない「柔軟なファクタリング利用法」についてご紹介します。

経済動向の変化で人手不足が発生する可能性

経済動向の変化で、雇用に影響が出るケースは今まで数多く存在しました。経営者の方の中には、先代の話やセミナーなどでこういった話題をお聞きになったことがある方もいらっしゃるでしょう。しかし、今回は、今までの事例の比ではありません。経済動向の変化が極めて著しい結果となりましたので、どの業界でも全くの無風ということはあり得ないレベルとなっています。

例えば、まったく今まで今回の騒動が関係なかったという業者の方も、様々な人口動態の変化や雇い止めなどの影響により、突発的に売り上げが伸びて需要がひっ迫し、人員不足が発生するケースもあります。

場合によっては、派遣社員を現場に投入していたケースなど「派遣会社そのものが出勤を見合わせる」という決断に至った場合、ある日突然業務を回す社員が忽然と姿を消すというケースもあるのではないでしょうか。このように、今回は極めて大きな経済動向・人口動態の変化がありましたので、どの業界で・どのタイミングにおいて人手不足が発生するかは予測しづらいものがあります。

裏を返せば、社長さんの会社でもある日突然人手が全く足りず、クライアントからの要望に応え切ることができないケースが発生する恐れがあります。特に製造業や建設業などの業種では、今回の一連の動きの中で既にこういった人手不足が発生しているケースもあります。

いま雇用をむやみに増やすべきでない理由

人手不足が発生した場合、経営者は基本的に雇用を創出しようとします。つまり、事業拡大につきアルバイトを募集!とチラシを出したり、場合によってはいきなり幹部候補生募集という形で正社員の雇用に踏み切るケースもあるでしょう。

しかし、今回においてはこれはお勧めできません。なぜなら、今回の動向は全く予測が効かないというケースの方が多く、いかに過去を様々な艱難辛苦を乗り越えてきた経営者の方でも、3ヶ月後、半年後、.1年後の経済の動きを予測するのはほぼ不可能と言わざるを得ないからです。

つまり今この段階で業務が逼迫しているからといって、永続的に雇用する義務が生じる正社員やアルバイトの雇用を増やすのは、決して得策であるとは言いづらいものがあるわけです。

業務量の急増は外注&ファクタリングで乗り切る

業務上が急増していて、クライアントからの発注も止まらず、それでいて正社員を増やすのは得策ではない!とすれば、何が正解なのでしょうか?
外注を増やすことです。今は働き方改革という波も来ており、クラウド上での仕事で業務が回るケースもあります。場合によっては、名刺の仕分けなど一部オフラインでの仕事も外注できるケースがあります。それだけフリーランスが増加しているというわけです。
それでは、外注スタッフは雇用には当たらないのか?ということですが、原則的には、業務委託契約という形になります。そのため、前払いで現金の流動性を高めた形で仕事を依頼していくケースの方が多いでしょう。フリーランスは、基本的にクラウドソーシングサイトなどで募集できます。

その際、フリーランスと発注側の間に入ってくれるサービスを利用する場合は料金を前払い(仮払い)しておく必要があります。

そのため、業務量の急増に外注で対応するにはある程度の資金力が必要となります。この資金をどこから捻出するか?ですが、まずは銀行の融資などはお勧めできません。

もちろん業務拡大ということなので銀行の融資も積極的に担当者が話を聞いてくれる可能性は高そうですが、今後の動きが予測できない限り、金融機関から融資を受けるのも、リスクがある行為と言えるでしょう。

そこで、ファクタリングによりすでに確定している債権を前倒しで受け取ることによる資金調達がお勧めというわけです。

ファクタリングであれば早ければその日のうちに現金が手元に入ることになります。そこから、前払いで業務委託費を支払うことにより、御社の業務はすぐに改善する可能性が高いでしょう。

また、フリーランスはそれぞれが個人事業主または法人を持っているプロです。新卒のスタッフを雇用するよりも、教育コストが低いケースの方が多いと言えるのではないでしょうか。多少、自社のルールに馴染んでもらうための期間は必要でしょう。

しかし、ほぼ即戦力で稼働できるケースの方が多い印象です。さらにビジネスマナーの基礎中の基礎から教えて行く必要はありません。なぜならフリーランスは過去の経験に基づき、基本的な所作やマナー、そして業務の回し方を熟知しているケースがほとんどだからです。

もちろん、採用面接は丹念に行う必要がありますが、基本的にその業界や依頼したいと思っている業種のプロを調達することができるわけですから、これほど発注側にとって効率の良いことはない、とも表現できます。

なお、給料は後払いが原則という業者も数多く存在しますが、最近はフリーランスに前払いを行うのが一般的とする風潮もあります。

また、フリーランスも発注側を選ぶ権利がある、といった風潮も最近は高まってきました。そのため、出来る限り前払いで気持ちよくフリーランスに働いてもらえる環境を作るのも、より良い人材を集める一つの方法となります。

そのためにはやはり、豊富な資金力を一時的にであれ確保しておく必要があると言えるでしょう。採用から業務開始まで、早ければ即日というケースもよくある話です。そのため、発注から業務開始までのリードタイムが短いのも嬉しい特徴と言えるのではないでしょうか。

こういった「かゆいところに手が届く」人材を確保するにはやはり現金の力は偉大です。そこで、ファクタリングによってこのような採用活動ができるように準備をしておくというのは今のご時世、理にかなっているというわけです。

ちなみにファクタリングは、審査や融資の手続きといった煩わしいスキームは一切ありません。単純に、自社で保有している売掛債権を売却するだけの売買契約ですから、特に自社の経営状態や社長個人の個人信用情報を問われるケースもありません。

【今回のまとめ】
業務量が増えたらファクタリングで外注費を創出しよう

今回は世の中の動きがガラッと変わってしまいましたので、過去の事例はあまり参考になりません。業務量がどの業種であれ、突然増える可能性は十分に考えられます。しかし、業務拡大に対応するために人員を正社員雇用で増やすのは今のご時世、得策とは言えません。

そこで、ファクタリングで手元の資金を一時的に増強してすぐに動いてくれる外注スタッフを集め、業務量の増加に備える、あるいは対応するというのが令和の新時代におけるスタンダードとなることでしょう。

ファクタリングは、借金ではありません。お金を借りずに会社の財産である売掛債権を売却するという新しい方法で、即日で資金を手に入れてみませんか?
弊社は事業者様と共に
ファクタリングサービスを通じて
社会へ繋がっていきます。