建設業の資金繰りの悩みはファクタリングで一発解決可能!人件費にトラブル対処まで幅広く対応OK

建設業の資金繰りの悩みはファクタリングで一発解決可能!人件費にトラブル対処まで幅広く対応OK

【記事更新 】

2019/12/18

建設業の資金繰りの悩みは、金融機関に頭を下げるのではなくファクタリングで速やかに一発解決するのがおすすめです。ファクタリングという新たな資金調達の方法を使うことで、お金を借りずに資金調達をすることが可能です。ここでは建設業とファクタリングの相性の良さをご紹介するとともに、ファクタリングで解決できる建設業の様々な資金トラブルもご紹介します。

建設業の資金トラブルにはファクタリングがおすすめ

建設業で資金トラブルが発生すると、現場がストップしてしまったり、場合によっては元請けさんから退場を命じられてしまうケースもあります。それどころか、現場に向かうための乗り合いの車の燃料さえ用意することができないといったケースもあるでしょう。特に小規模の建設業者の場合は、一つの元請けからの入金が遅れてしまうと、そのあおりを強烈に受けて操業不能な状態になるケースも考えられます。

ただでさえ各種の保険料もかかりますし、社会保険料や各種労働保険の金額も他の業種に比較すると極めて高額という背景もあるため、建設業には資金トラブルがつきものです。

そして建設業にかかわる資金トラブルにはファクタリングが非常に高いパフォーマンスを発揮します。ファクタリングとはすでに請求済みの請求債権を買い取ってもらう事により、本来であれば入金まで2ヶ月ほど待たなければならないような案件も手数料を差し引いてすぐにでも入金してもらうことができるというサービスです。

こちらのファクタリングは、様々な部分で建設業との相性が良いのです。

例えば、この後ご紹介するような場面でファクタリングを利用すると、建設業の社長さんは非常にスムーズに事業経営が可能となります。

現場で事故が発生した場合

例えば、あまり想像すべきことではありませんが、現場で何らかの事故が発生した場合二つの部分で経営者の方は金銭的なリスクを負うことになります。

まず一つは現場で稼働ができないことにより、元請けから賃金を支払ってもらえない可能性があるといったリスクです。これはかなりの確率で発生することが予想され、場合によっては変わりの人員を探してくるために、追加で費用が発生するケースもあります。

もう一つが、従業員のケアに関する金銭的リスクです。従業員は多くの場合保険に加入して作業することになっているわけですが、場合によっては無保険で現場に入ってしまっていたというケースも考えられます。

このような場合には治療や、その他当面かかる費用を会社が負担しなければならないケースなども存在します。

ある程度の規模の会社であれば法務部などが存在するためこういった部分も管理をすることができますが、例えば社長さんと従業員の間が非常に近い中小規模の建設会社であればその限りではないでしょう。

このような場面では、現場で事故が発生した場合にかなりのスピードで金銭的リスクが経営者の方に降りかかってくることになります。

大規模な現場を請け負ったものの、持ち出し費用が足りない場合

建設業は、とにかくコネクションによって案件を獲得するようなシーンもあるでしょう。場合によっては、ご自身の会社では受けきれないような大きなチャンスや大きな現場を引き受けられるケースもあるでしょう。そんな場合、どうしても人件費や持ち出しの費用が足りず、今の資金状況では大きな現場に入ることができないというケースもあるのではないでしょうか。この時、金融機関に頭を下げて回るなどをしても、現場のスタートまでに間に合わず、結局現場に入ることができなかった、というケースも「従来は」よくある話でした。

しかし今は違います。ファクタリングを利用することにより、銀行などの金融機関はもちろんのこと、消費者金融やいわゆるノンバンク系よりもスピーディーに、資金繰りをすることができるケースも出てきました。

それも借り入れではないので、会社の帳簿に借金として計上されることもありません。すでに請求が確定している分の請求債権から現金化をすることになるわけですから、誰に頭を下げることもなく、スピーディーに現金を手元に用意することが可能というわけです。

このように現金をすぐに用意することができればスムーズに大きな現場にチャレンジすることも可能となりますし、場合によってはそのような資金繰りが安定している会社だ、と見てもらうことができ、より大きな現場へのステップアップを図れるケースもあるでしょう。とにかく現場の規模が大きくなればなるほど売上も上がりますし利益を取れるというケースもでてくるでしょう。そういったチャンスを無にしないためにも、資金繰りでトラブルが発生したり今すぐに資金が必要な時にはファクタリングを利用するということをぜひ覚えておいて頂ければ幸いです。

社会保険料や税金の滞納を大至急解消しなければならないタイミング

納税は義務とはよく言いますが、それはあくまで綺麗事、という経営者の方も多いでしょう。ご商売をされていれば、特に建設業界はどうしても経営状態の悪化や様々な事情により、スケジュール通りに社会保険料や各種税金、その他雇用保険に労働保険など、納入することが難しいというケースも多いのではないでしょうか。

ほとんどの場合は、ある程度であれば猶予をしてもらうことも可能なわけですが、金融機関からの借入を行う場合や、各種助成金や補助金を申請する際には、税金や社会保険料などの滞納や納入遅れがないこと、という条件がついているケースがあります。

こういった場合には、まず先に資金を用意して滞納を解消してからでなければ各種の借り入れや補助金などの申請を行うことができません。こういった時に役に立つのがファクタリングでもあるわけです。

ファクタリングは借り入れではないため、金融機関の審査を妨げることもありません。さらに各種税金滞納があっても問題なく申し込みが可能です。

このような売買契約を結んで売掛債権を売却してしまうことにより、より次のステップへ進むための準備をスムーズに行えるというわけです。

建設業のファクタリング利用者、急増中

建設業界で「資金繰りを行う」といえば以前は手形割引や、その他銀行からの借り入れ・またはセーフティネット貸付などが一般的で主流の方法でした。

しかしこういった方法では審査であったりスピードの部分で問題があり、もしくは手形割引の場合など、相手方の倒産リスクまで責任を負わなくてはならないなど、どれも一長一短というところでした。

しかしファクタリングはこのようなリスクもなくスピーディーに資金調達が可能なことから近年建設業者及び建設業の経営者を中心に絶大な信頼と人気を誇っており、建設業専門のファクタリング業者が登場しているほどでもあります。

特に建設業は請求額面が大きな金額になるケースも多いため、手数料も割安になるケースも最近は出てきました。金融機関に頭を下げて回らずとも、ファクタリングでスムーズに資金繰りができるから、最近は金融機関の営業マンを追い返してしまうほど打、という経営者の声も多く聞かれるようになってきました。特に無借金経営というポリシーを持ちの経営者の方であれば、このファクタリングは非常にオススメの方法です。

【今回のまとめ】
建設業の資金繰りの悩みはファクタリングで一発解決可能!

建設業は、他の業種と比較してもファクタリングとの相性が良く、様々な場面でスピーディにそして迅速に、また審査で待たされることもなく資金繰りを改善することが可能です。

お手元に請求済みの債権がある場合には、是非一度ファクタリングを体験されてみてはいかがでしょうか。
弊社は事業者様と共に
ファクタリングサービスを通じて
社会へ繋がっていきます。