損害賠償はスピードが命!即日ファクタリングが損害賠償の資金捻出に向いている理由とは

損害賠償はスピードが命!即日ファクタリングが損害賠償の資金捻出に向いている理由とは

【記事更新 】

2020/06/16

損害賠償は、ビジネス運営をする上で避けて通れぬことでもあります。どの業種においても、損害賠償が発生するケースはあると言わざるを得ません。
そして、損害賠償の支払い責任が生じたことにより資金繰りが悪化し、会社が倒産の危機に瀕してしまうというケースもよくあります。損害賠償の解決はスピードが命です。そしてスピード感のある資金調達なら即日ファクタリングがベストです。ここでは、即日ファクタリングが損害賠償の資金捻出に向いている理由をご紹介致します。

損害賠償は早期の支払いが命?

損害賠償請求。これは相手方が自社に対して損害賠償を支払うように請求してくる行為のことを言います。損害賠償請求を受けた場合、それが根拠のあるもので明らかにこちらに非があり支払う必要があるということであれば、その日のうちにでも支払ってしまった方が良いほど早期の支払いが肝心です。

例えば仕事中に相手先企業の重機を破損させてしまったり、場合によっては相手方の担当者や人員に怪我をさせてしまったり、もしくは相手先の機械や設備の一部などを誤って破損させるなど「やる気」でやってしまったかどうかは別として、相手方の会社に何かしらの損害を与え、それが金銭的な実損害として表面化してしまうというケースは想像したくはないものですが、残念ながら実際によくあるケースです。

多くの場合は、保険金などをおろすことができますが、会社の経営状態があまり芳しくない企業の場合県任意保険に加入していないケースもあるでしょう。またその他の公的な保険制度も利用できないケースが往々にして存在します。このような場合だと会社の余剰資金から損害賠償を支払わなければならないわけですが、これもなかなかすぐには難しいというケースもあるでしょう。

ちなみに、問題を起こした従業員や担当者に直接その資金を支払わせるという対応を取る企業もありますが、これは基本的には避けておくべきです。法的にそれが許されていないケースもあり、また社会的な耳目を集めてしまうと、会社の風評被害にもつながります。また、会社の経営状態を外部に公開しているようなものですから、今後の事業運営にも少なくともネガティブな印象がついて回ることを避けられません。

傷口を広げないという意味でも、損害賠償請求が発生した場合には、間違っても従業員個人の責任に最初からしてしまうような行為は避けなければなりません。もちろん、従業員個人に明らかな問題があり、それが従業員に賠償させることが適当であると思われる場合は別ですが、とにかくまず相手方への賠償が優先です。

まずは相手方からの損害賠償請求を精査し、必要があると判断された場合や払わざるを得ないというケースでは迅速な対応が求められます。

迷惑料なども同様

ちなみに損害賠償請求は時に迷惑料といった表現になるケースもあります。例えば、今はあまり聞かれない単語になりましたが、従業員が相手先企業を巻き込んでSNS上でバカッター騒動を引き起こしたり、あるいはSNS上で不適切な行為をあげてしまい炎上してしまった場合、相手を巻き込んだことに対する迷惑料のようなものが発生するケースもあるでしょう。

また、迷惑料のような系統の金銭については、まず相手が損害賠償請求を行ってくる前にこちらから用立ててアクションを起こすことにより法的なリスクをそれ以上大きくしない初期消火のような効力を持つケースもあります。

資金捻出は即日完了がベスト

資金の捻出は、可能であれば極論即日で完了してしまうことがベストでしょう。例えばこれが大手企業であれば、金庫からすぐにお金を出せばそれで事足りるわけですが、すべての企業がこのように潤沢な資金を持っているというわけではありません。

そのため中小企業や零細企業、または経営状況が必ずしも良好とは言えないような企業においては、損害賠償請求をおこされる前にアクションを起こしたくても、手元に金銭がないために行動を起こせないというケースもあります。

相手方との交渉で支払いを待ってもらうことができればまだ良いわけですが、多くの場合は損害賠償請求という穏やかでないところまで話がこじれてしまっていますので、平和的な話し合いによる解決が難しいというケースもあるでしょう。

こういった場合は、何らかの方法で外部から資金を調達してくるより仕方ありません。銀行や金融機関にこのような顛末を話して融資を受けるという方向性も従来なら十分にあり得ましたが、今は個人情報流出リスクなどもありますので金融機関相手とはいえども、リスクがつきまとうということを理解しなくてはなりません。

また金融機関も信頼できるところと信頼できないところの二極化が激しくなってきていますので、ことによっては「損害賠償請求をおこされた問題のある企業である」と地元に情報が知れ渡ってしまうケースもあります。そこでオススメしたいのが、東京都内などにある、こういったトラブル対処にもある程度親身に相談に乗れるファクタリング会社です。

基本的に、ファクタリングは即日で資金を得ることが可能です。詳しくは次の章でご紹介致します。

即日ファクタリングならスピード資金化が可能!

ファクタリングはもともとお金の貸し借りや銀行の融資といったスキームとは全くの別物です。ある程度一定の審査や契約条項などは存在するものの、スキームを全体的に見れば単純な売買契約のため、融資にかかる時間よりも大幅に時間が短縮されることになります。そのため、損害賠償請求をかけられそうになったり、迷惑料の支払いを求められており迅速に支払うことができなければ法的な手続きに進まれてしまう・社会的に制裁を受けるおそれのある事案であるなど、会社の支払いをすぐに行わなくてはならないケースでも十分に対応できる可能性があります。

少なくとも、今まで全く付き合いのなかった銀行などの金融機関に新規で口座を開設し、さらに事情を説明して借り入れができないかどうか相談するといったスキームを採用するよりも、スピーディーで資金調達できる可能性も格段にアップするのがファクタリングです。

そもそもこういった事態での緊急貸付などは金融機関も難色を示すことが極めて多く、銀行融資に頼るのは根本的にミスディレクションということもできます。

資金の需要と供給というバランスで見た時に、金融機関に頼るのは根本的にベクトルが異なるため、本来であればこのようなスピードが求められる事案は即日ファクタリングの方が理にかなっているというわけです。

また、このような方法で資金調達をすることができれば、トラブルの傷口が広がる前に事なきを得ることができるケースもあります。こういったトラブルは早期に解決することこそが会社の運営を正常化する唯一無二の方法となります。

できる限り早い段階で即日ファクタリングに踏み切るようにしたいところです。ちなみにファクタリングに必要なのは、会社の確認書類と担当者もしくは対象者の確認書類・売掛債権を証明できる書類一式など、銀行融資に比べると事業計画書なども必要ありません。簡単に申し込みが可能です。

【今回のまとめ】
損害賠償もファクタリングによる早期解決が望める

ファクタリングはそもそも経営がピンチの場合や資金調達が金融機関からは難しいといった場合に使うイメージが付いて回っておりますが、このようにトラブルの早期解決にファクタリングを利用しているケースも実際は多いといった印象があります。

むしろ、経営がピンチにならぬよう「転ばぬ先の杖」としてファクタリングを積極的かつ有効的に利用する経営者が多いのではないでしょうか。即日ファクタリングであれば、資金調達に関する悩みはその日のうちに解消するケースもあります。
弊社は事業者様と共に
ファクタリングサービスを通じて
社会へ繋がっていきます。