運送業もファクタリングが使えます!運送業者がファクタリングを使うべき理由とは?

運送業もファクタリングが使えます!運送業者がファクタリングを使うべき理由とは?

【記事更新 】

2019/12/10

何かと資金繰りが安定しづらい業種には様々ありますがその中でも運送業は突発的な事象が発生すると資金繰りのバランスが崩れてしまうことが多々あります。そんな運送業も、ファクタリングを利用して早期の現金化を図ることが可能です。ここでは運送業者だからこそファクタリングを使うべき理由をいくつかご紹介していきます。

運送業者がファクタリングを使うべき理由は?

運送業者がファクタリングを使うべき理由には様々ありますが、ファクタリングを利用することにより、早い段階で資金繰りを安定化させることができるというポイントは非常に人気のポイントと言えます。

というのも運送業者は人件費がその支出の大きな部分を占めており、人件費を円滑に支払うことができなければ、そもそも運送業に従事してくれる人がいなくなってしまいます。また、人間トラブルなども人件費の未払いや給料の欠配・遅配から始まるケースが非常に多く、こういった人的なストレスやトラブルが発生すると、経営者の方の日々の作業を圧迫してしまうことにつながります。

またこのようなトラブルが発生すると、人の心は乱れるものです。そのため、こういった事態が原因であらゆるトラブルを呼び起こしてしまう可能性があります。このような状態を打破する為にも、資金繰りのバランスを崩してしまった際には早急にファクタリングで現金化を図ることにより、経営を安定化させるべきなのです。

その他運送業の場合は、車両に故障が出たり、運行不能のものが出ると、これもまた仕事に影響を及ぼします。

人に問題がなくとも、車に問題があれば仕事がまわっていきません。このような状態になってしまうとビジネスもなにもあったものではありませんので、車の故障や様々な理由で車を手配しなければならない際など、現金が手元にあった方が良いのは言うまでもありません。

運送業はこの後ご紹介するようにファクタリングという新しい資金調達の方法と非常に相性が良く、また他の業種ではなかなか達成できないような「ファクタリング手数料下げるための条件」を達成することができるケースもあります。

ファクタリングと運送業の相性は抜群!

先ほどもご紹介した通り、ファクタリングと運送業者の相性は非常に抜群と言えます。なぜなら、ファクタリングは大原則として、いわゆるBtoBビジネスの請求書や売掛債権を現金化することのできるサービスとなっています。

そのため、いわゆるカスタマー向けのビジネスの場合は請求書ではなく日々の現金商売ということになりますので、ファクタリングを利用できないケースも多々あるというわけです。運送業はカスタマー向けのサービスをももちろん存在しますが、割合として多いのは企業同士のBtoBビジネスというケースが多いのではないでしょうか。

毎月決まった日に月々の利用代金や運送代金を集計し、毎月月末などに企業に対して請求書を送る、このようなビジネス形態の場合はファクタリングを利用してその日のうちにでも現金を手にすることができる可能性が極めて高いと言ってよいでしょう。

また、ファクタリングを利用する際にあたって、上場企業との取引がある場合、その請求書をファクタリングに出すことにより、通常よりも手数料を下げることができるケースがほとんどです。運送業の場合は、上場企業のOKなどで業務が入っているケースもあることから、比較的他の業種に比べて、ファクタリングの条件を良好なものにしやすいといった側面もあります。

運送業でこんな時にファクタリングが使えます

その他、運送業では様々な場面でファクタリングをすることにより資金繰りを改善したり安定化させることができます。いずれにしても手元に現金を置いておくことが出来るわけですから、下記に該当するケースのみならず様々な場面でファクタリングを利用しておきたいところです。

従業員が問題を起こしたケース

運送業に従事している従業員が何らかの問題を起こし、賠償責任が発生した場合。こんなケースも経営者ですから想定しておかなくてはなりません。

会社の弁護士を入れるよりも先に・そして保険などを使うよりも先に、多少の金額であれば支払いをすることで賠償を行いそこで話を納めてしまったほうが早いと経営者の方が判断されるケースもあるのではないでしょうか。

そういった際には、ファクタリングを利用することによりスピーディーに現金を用意することが可能となります。こういたトラブルは長引かせると後々大きなダメージにもなりますし、経営者の方のストレスや様々な問題を引き起こしてしまうこともあります。

そういった状況をいち早く打破する為にも、従業員が問題やトラブルを起こした場合には、ファクタリングを使ってスピーディーに賠償を行い話を決着させるという選択肢も覚えておきたいところです。

従業員が突然退職して、金銭を要求してきた場合

小規模の運送業ビジネスを経営されている場合、職場環境や人間関係の問題で、従業員がある日突然退職するケースもあります。また、会社と従業員との条件面でのやりとりに問題があり、いきなり会社を退職したばかりか、従業員が様々な理論武装をして会社に金銭を要求してくることもあります。

その他、様々な事情で退職した従業員から早急に金銭を支払うように求められるケースもあるでしょう。こういった時に、裁判になるのを待っていたり、資金繰りが整うまで状態を放置してしまうと、非常に大きな問題になってしまうことも考えられます。

いずれにしてもこの手の問題は長期化させると解決にも多大なるパワーを必要とすることになります。こういった場合でも運送業であればファクタリングをすることのできる請求が多く存在しますので、安心して問題に取り組むことができます。

ファクタリングで早期に現金化をすることにより、相手方をそれ以上刺激することなく早い段階で決着を図ることも可能というわけです。

運送業に関するファクタリングQ&A

運送業に関するよくある質問をご紹介します。

銀行に返済遅れが出ているけど大丈夫?

問題ありません。銀行に返済遅れが出ていても、売買契約であるファクタリングには何ら関係はないわけです。

ファクタリングに申し込む時に必要な書類は?

ファクタリング契約によって異なりますが多くの場合は請求書そのものや請求書の写し、さらに申込者の本人確認書類や法人の確認書類などが必要となります。その他、財務書類の提出を求められるケースもあります。

使用車両がリースだけど大丈夫?

問題ありません。リース契約が多いからといって、ファクタリングの審査に影響が出ることはまずありません。ファクタリングお金の貸し借りではないため、審査についてもこういった部分でも審査は入りません。

【今回のまとめ】
運送業者がファクタリングを使うべき理由とは?

このように運送業は何かと突発的な事態で資金繰りに困ってしまうケースが多々ありますが、ファクタリングを利用することにより、そのピンチを脱出することが可能です。

人件費はもちろんのこと、現場に出るための燃料代についてもファクタリングで得たお金で賄うことができるでしょう。

このように、ファクタリングをすることで経営者の方が最も持っている悩みであるお金の悩みが一発解決というケースも多々あります。運送業で資金繰りにお困りの方は、今すぐにでもファクタリングをご利用されてみてはいかがでしょうか。
弊社は事業者様と共に
ファクタリングサービスを通じて
社会へ繋がっていきます。